www.nickymiller.com

多くの場合、クレジットカードの上限金額が所有者がよく利用するよりも多めにしていると余裕だと勘違いしてあまり考えずにで支払ったりするものです。こうしたクレカの使いすぎを軽減するようにクレジットカードの限度額を自主的に低くしておこうという提案が以下の文の主旨です。月の利用限度額をコントロールする方法▼使用カードの月の限度額の引き下げことは、月の限度額を多めに設定する手順と同じくいたって便利です。クレジットカードのサインのある面に記載されている電話番号に連絡して、「月ごとの限度額をセーブしていただけませんか」のようにオペレーターに伝えるだけ。普通ならば現在の限度額に比べ少なければ時間のかかる審査もなく限度額の引き下げが完了します。カードの限度額をセーブしておくのは危険を避けることにも繋がっている■利用限度額を引き下げておくことは節約等の益だけでなく被害に遭わないようにすることにも影響します。もし仮に、使っているクレカが紛失等により偽造されたような状況でも、あらかじめカードの限度額を少なめにコントロールしていれば危険を出来るだけ少なくすることが可能なためです。心配する必要はないけれど、想定外にも悪用されたような場合でもカード使用者に過失がない限り、盗難保険として知られている機能が使用者をサポートしてくれることになるから余計な心配は必要ないのですがもしもの時のことを想定して上限は減額しておくのも手です。使い切らない上限額はデメリットなんです。

Link

Copyright © 1996 www.nickymiller.com All Rights Reserved.